2013/12/23

丹波川 牛金淵セクション

39日目 2013年12月23日(月) 行き先:丹波川(牛金淵~ミドル) 艇:2011HERO


前日、所用のため前橋泊。

6時半にホテルの朝食を頂いて、いざ道の駅たばやまへ向けて出発! 関越→圏央道と走り青梅で一般道へ降りて走っていると、プラド号が33万キロを達成しました。


道の駅に集合すると、当初丹波川ミドルの予定であったが、アッパーから→そして牛金淵からと言う事になり私も行ってみる事に。

スタート地点には残雪があり『雪の上でも足先が冷たくならないカヤック用の靴は無いものか?』と思いながら漕ぎ始めると、ちょっと進んだだけで早くも核心部(汗)

コレハドウナッテイルノデスカ? ソシテドコヲススメバイイノデスカ?

デモを見せて貰い、ここはポーテージ不可なので行くしかないが、最後の狭くなった落ち込みがどうなんだか?だが、とりあえずスタート。
狭いし落ちるしぃ~!?

ココは何とかクリア出来たが、この後パドルを岩に持って行かれ撃沈! パドルを握り治す事も出来ず、浅い岩々なのでひたすら顔面を腕でカードしたけど、その後全身で丹波川の水の冷たさを堪能・・・

スグに牛金淵セクションは終了し、アッパー区間へ突入するが、どんなに流れがチョロくても最初は区間はドキドキなのに、これだけ岩々だらけでヘタレな私は全く余裕なんて無いぞ。

アッパー区間の核心部だが『う~んこれは・・・』と思えたので、前半の落ち込み部分は担いで、ポーテージ出来ないので後半だけ漕ぐが、後半だけでも厳しい。

video
アッパー核心部後半

こんな落ちは普通

ちょっとした滝


こうしてガンガン落ちていったが、ミドル区間最後の方で岩に弾かれてブローチング(汗) 
パドルで岩を押してもビクともしないし、段々水面が近づいてきたので、水深を確認し脱艇して逃げて1日2泳ぎ目orz 
最後は艇底を擦ってミドルのゴールまで、皆様お疲れ様でした。

2泳ぎしたら、フルドライ三段活用(フルドライ→染みドライ→漏れドライ)で漏れドライになっていることが判明。そろそろ買い置きしてある新しいのを使い始めようかと思いつつ、着替えて車を回送すべく、プラドのキーを捻ると外気温3度(汗) 道理で寒い訳だよね。

道の駅丹波山から下道3.5時間で無事帰宅。

 牛金淵セクションで地球と喧嘩した親指が痛い


さて、BLOGの更新も終わったので、これでも見て楽しむ事にしよう


にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ



0 件のコメント: