2012/09/18

CLASS5 四国吉野川ツアー

41日目 2012年9月15日(土) 行き先:四国吉野川(豊永~鉄橋の瀬) 艇:2011HERO


サンライズ瀬戸内に『まもなく岡山駅に到着です』のアナウンスに目が覚める。
サンライズ瀬戸ソロの部屋に用意してある寝間着から着替え、サンライズ瀬戸と出雲の切り離し時間を使って、岡山駅で降りて駅弁『栗おこわ』を購入し、児島駅まで走る間にソロの部屋に戻って朝食。
前日、朝早く四国入り出来るなら『おはよう大歩危に来ませんか?』との連絡があり『最速で大歩危駅8:47着』と返信したら、OKとの返事をいただき、児島駅前のジョイフルで朝食&時間つぶしの予定であったが、児島駅で下車し南風の切符を買いなおして大歩危まで。
途中のトンネルから出ると、川が泥水になっていたのが「これは吉野川ではない」と言い聞かせたが、この川幅と流量をみると、どう見ても吉野川だ(汗) 
大歩危駅でヤラレ氏が待っていて豊永へ移動
豊永からスタートし、豊永上の瀬で早速エディキャ沈・・・ そういえばサンライズ瀬戸の中で顔洗ってなかったっけ(汗)
豊永下の瀬も、いつもの水面から出ている岩がホールを作っているので、そそくさと左岸のエディ目指して漕ぐ。
三段の瀬はスカウティング。
落ち込みの後、右からの返し波が大きいので、右に向けて波をまっすぐ突破するようにとのヤラレ氏の指示を受けスタート。
落ち込みに入っていくと、予定よりもコースが右だったので、巻き返し波の上から右岸意向けてのルートであったので、何事もなく通過。
続いて岩原の瀬もスカウティング。 
何処のルートでも大丈夫ですよ!とヤラレ氏。最初の落ち込みを見たときは「こんなに落ちるの?!」と思ったけれど、昨年よりも楽か?
お昼になるので、大歩危駅へ一人お迎えにいきつつWEST/WESTへ。
 ラーメンにし利で昼食し、午後は岩原からのスタート
 国境の瀬一番大きな落ち込みでのラフト
国境の瀬(ルート間違ってます)
国境の瀬はエグイ! 中央右から入って左に抜けるラインがあるが、強制方向転換食らってラインを外し、上の写真でラフトが捕まっている所に突入し、ドッカンドッカン煽られながらエディを取ると、ヤラレ氏から「ライン 間違ってますよ!」とご指摘が(汗)

まんなかのエディを取ると「この先ボイルだらけ」とのヤラレ氏の話だが、下っていくと正にボイル地獄で、ボイルの下へ入っていく流れに捕まり撃沈。
最後は鉄橋の瀬だが、右カーブしているので左岸には絶対に行きたくないホールがあり、そそくさと右岸を漕いで一日目終了。
温泉に使って、阿波池田駅近くのどんで生ビール→四国名物栗焼酎ダバダ火振をロックでいただく。
ダバダァ~だけど珈琲では無い

海鮮丼美味しい!
夕食後、阿波池田ユースへ行って、参加者の持参したG17カヤックスクールのインストラクションビデオを見ながら反省会するが、このイントラ達は食っている物が違うとしか思えない。


----------------------------------------
42日目 2012年9月16日(日) 行き先:四国吉野川 艇:2011HERO
午前中の部:大歩危ショート(豊永~岩原)

今日はこの水量ですが、状況により小歩危もありですとぉ~?!
今日から漕ぐ人も居るので、最初は短くても瀬の濃縮された大歩危ショートへ行って、川とパドラーの状況を見て判断するとのこと。
この水量では小歩危でのラフトが運行できないので、豊永のスタート地点はラフトだらけ。ラフトの合間を縫って瀬に突撃していく。
昨日よりも水量が減って、青い流れの吉野川になったが、水量減った分ホールが増えた?
途中同行者がホールに捕まって強制サイドサーフィンを後ろから来た人が押し出して開放するなどの事もあったが、皆無事に岩原まで下って昼食して、車を小歩危ゴール→大滝まで回送。 
午後の部 小歩危(大滝~鮎戸の瀬
秋晴れの四国の空
 車を回送しながらスカウティング
国道から鮎戸の瀬

国道から曲がり戸


国道から見てもどれもエグいぃ~ こんな状況の小歩危にアタック出来る喜びと不安が頭の中をよぎりながら・・・
ヤラレ氏から「二段の瀬は相当ヤバイので、午後は大滝~鮎戸の瀬まで」との告知があり、一昨年の大滝沈脱のリベンジ燃え、気合十分でスタート。
この画像を見ると、ホールを超えてもっと左だったことがよく分かるぅ~
気合いは十分だが、技術不十分のため撃沈! ロールは上がらないが、息だけは即効で上がる(汗) よって、泳いだ・・・orz 
コレにて、大滝0勝2敗 泳ぎ率100% 
続いて曲がり戸の瀬だが、右岸で上がってスカウティングすると・・・ あれ?!奈落が潰れて無い。
右岸からスタートして右岸を通り、大きな一個目の落ち込みはグリーンを降りて、左へ進んで奈落の落ち込みを避けるようにとの指示。

だが、最初の右岸ルートをあまり良く見なかったので、メインの手前で撃沈食らいそうになったが、何とかクリアしてグリーン抜けて、左へ進路を取ろうとするが流れは無茶苦茶早く、無重力みないな感じになって落ち込みに入って、デカイ波の上に向かいながらパドルを入れ何とかクリア。
曲がり戸の瀬を下から

そして最後は鮎戸の瀬だが、いつもと同じルートで下るとジェットコースターだというが・・・ 

私の番になり、最初のボールを抜け、二番目のホールでちょっと捕まり必死に漕いで立て直して、左カーブをクリアしその先の落ち込みもクリアしたが、ボイルに翻弄され撃沈。


そしてエネルギー切れのためロールが上がらず、二度目の泳ぎぃ~・・・

初心者の頃、S師匠にダンリバのゴール地点で「疲れた時こそロールの練習」と言われ、ロールの練習を強制された事を思い出し、S師匠俺って進歩が無いっす(反省)
ラフト待ちがないため(ラフト絶対に営業しない水位でした)、スカウティングを重ねつつも3.5時間程でゴール。
川から上がって温泉に浸かって、今日は讃岐うどんへ。
 初めて食べる讃岐うどんだが、このコシの強さは何なんだっ?!
値段もリーズナブルだったので、ナメていたが1,5玉の中盛りで噛み応えがあるので、胃が撃沈寸前でしたぁ~ 恐るべし讃岐うどん。
さて、今晩から本山で大雨の予報なので、明日は中止もありえるか?と思いつつ床に就く。 

----------------------------------------
43日目 2012年9月17日(月) 行き先:穴内川 艇:2011HERO
朝起きて、昨日撮影出来て居なかったヘッドカメラをいじるが、ダメな模様orz・・・

スマホで川の状況を収集すると、早くも池田ダム流入流1000t超えですとぉ~ これでは大歩危でも不可なので、穴内川へ向かう。
池田ダム前開放流中!
途中シャワーのような大雨になったり、かなりの強風が吹いて中止になりそうだったが、穴内川に向かうことになる。ちなみに、この川なかなか下れないレアな川らしい。
スタート地点に到着すると、風雨共にかなり強いが、ツアーを決行することになった。
道から川へ降りていくと、上流には私では絶対無理と思える岩々な落ち込みがあり、この上には私の腕前ではいけないだろう。
この下からスタート

最初から結構な落ち込みです


シャワーのような大雨

 川は濁っていて水深が良くわからないので注意が必要と思っていたら、撃沈! 頭を伏せてロールしたら失敗し、右コブシでちょっと地球と喧嘩(痛)
流量少ないが落差のある川で、岩避けもありナカナカ楽しい。
後半は癒し系な感じでゴールし、川から上がると早速交通状況をチェック。
山陽新幹線が遅れている情報があるので、ヤラレ氏にお願いして、電車の本数の多い阿波池田まで送ってもらい、駅で新幹線の切符の時間変更をして、南風に乗って岡山までいくと、こちらはあまり台風の影響がなさそうで、新幹線も10分遅れで運行していてセーフ。
新幹線の中でブログ書いて暇つぶし中
定刻の2分遅れで東京駅に着き、その後、東北線等を乗り継いで22時過ぎに無事帰宅。
-----今年も大増水の吉野川でしたぁ~-----
一昨年大渇水(40t以下)、昨年台風一過の大増水(500t)、そして今年も台風絡みの大増水であったが、年に一回の四国吉野川ツアーで、大増水は引くのはハズレなのか? はたまた大アタリなのか? 

こんなビッグウォーターな川を下っていると、長瀞の安全ウエーブでスピンが出来ないなんて、どうでも良く思え、やっぱダンリバは楽しいっ!
ヤラレ氏がこんな大増水の小歩危に連れて行ってくれ、完全なる未体験ゾーンでを経験出来ましたが、自分の弱点「曲がる角度のキツい瀬に弱い」「漕ぐ能力に対してロールが弱い」がモロに出て、来年また技術磨いて四国吉野川に来て大滝にリベンジしたいので、四国吉野川ツアーの企画よろしくお願いしますm(_ _)m 
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ

6 件のコメント:

さきむら さんのコメント...

大アタリでしょう(^_^)。楽しい三日間でしたね。

一昨年、わずか40t未満の小歩危で「漕ぎやすく安定した4FUNなのにただ下るだけで手一杯なワタシ」に直面して、昨年はうねった波が動き回るビッグウォーターを体験出来て、今年は仲間内で行ったなら見るだけだったろう小歩危を漕げました。

来年は60~100tぐらいで、エディをもっと取ったり、瀬の中でサーフィンしたり、が出来たらと思っています(要精進ですが)。
ホントは噂の立川も漕いでみたいのですが、するとまた大増水ということですからねぇ…。

ただよういち さんのコメント...

>さきむらさん

三日間有り難うございました。
増水でも、大歩危&小歩危も漕げたので、良かったのかと思ってます。

来年こそは平常水位で漕ぎたいですね。

まつもと さんのコメント...

二日間でしたがご一緒できて楽しかったです。
本当にレアな体験ができましたね。あんな小歩危は二度と漕げないかも知れませんね。

写真と動画頂きました。ありがとうございます。
鮎戸ではコントロールを失いまして、どんな風に漕いでいたのか気になってましたが、
頂いた動画で理解できました。まだまだ修行が足りませんね。

僕は現在、脱フラット乗りとフォワードの修正をやっています。
次にお会いする時はもう少しマシな漕ぎを披露できたらいいのですが・・・。

ただよういち さんのコメント...

〉まつもとさん

2日間ありがとうございました。
貴重な経験でしたね。

腕磨いて来年も行きますので、宜しくお願いします。

柿の種仙人 さんのコメント...

よういちさん、吉野川お疲れ様でした。楽しかったですね。曲がり戸はよういちさんが一番良いルートをとってましたね。姿勢も崩れず、良い漕ぎでした。来年は負けないようにガンバリマス!

ただよういち さんのコメント...

>柿の種仙人さん

曲がり戸の奈落はもうチョイ左岸かな?と思ってましたが、ルート取りはソコソコだったのかと思ってますが、入り口前で撃沈食らいそうになってますけど・・・

大滝と鮎戸で撃沈されて、一昨年の再現となってしまったので、次回は上半身だけで吉野川を堪能出来るよう、腕磨いて参加したいと思います。